防犯

100%全裸マン!「何もしないから」言い訳しつつ辰巳の森に現る!

 全裸男の出没エリアとして当ハザードラボではおなじみの東京・江東区の「辰巳の森緑道公園」で昨夜(9日)、再び公然わいせつ事件が起こった。当時の平均気温は6℃前後と冷蔵庫並みの肌寒さだった。

 

 9日午後7時ごろ、江東区辰巳1丁目の辰巳の森緑道公園の通路を女性が自宅に向かって歩いていたところ、脇道から突然全裸の男が現れた。

 

 女性が大声をあげて助けを求めると、男は「何もしないから」などと言い訳しながら、全裸で逃走した。犯人の年齢は20歳前後と若く、身長は170〜175センチくらいだったという。

 

 この公園では昨年9月に通行人の女性が、落し物があると声をかけられ、振り返ると全裸の男が立っているという事件があった。気温が下がる秋以降は報告が途絶えていたが、「寒さに負けない丈夫な体」を持っているようだ。ぜひ、その強靭な肉体を他の事に役立てていただきたい。

 

【問合せ先】東京湾岸警察署 03-3570-0110(内線2652)

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事