気象

最強寒波襲来!日本海側ではあすも大雪 新潟県魚沼市で179センチ

 北日本の上空に流れ込んでいる猛烈な寒気の影響で、日本列島は強い冬型の気圧配置が続いている。このため、あす(13日)にかけて日本海側を中心に大雪となり、北陸や近畿地方では24時間で50センチの雪が降るおそれがあるとして、気象庁が交通障害やなだれに警戒するよう呼びかけている。

 

 気象庁によると、北日本の上空約5000メートルには、氷点下36℃の猛烈な寒気が流れ込んでおり、今シーズン最も強い冬型の気圧配置となっている。

 

 このため、北日本から西日本の日本海側ではすでに大雪が降っており、けさまでの24時間に降った雪の量は、60センチを超えているところがある。

 

 12日午前5時までの積雪の深さ(アメダス速報値)は、新潟県魚沼市で179センチ、福井県大野市九頭竜で118センチ、富山県高岡市伏木で81センチ。また、九州の長崎県でも6センチ、熊本県南阿蘇村で2センチを観測した。

 

 13日にかけて引き続き大雪が降る見込みで、あす朝までの24時間に予想される降雪量は、北陸・近畿地方で50センチ、北海道・東北・東海地方30センチ、中国地方25センチ、関東甲信地方20センチ、四国・九州北部10センチ。

 

 あすから大学入試センター試験が始まるが、受験生がいる家庭では、大雪による交通障害や路面の凍結に警戒・注意してほしい。

 あなたにオススメの記事