防犯

爽やかな朝をぶち壊す 全身灰色の露出男 無言でブラブラ散歩 荒川区

 東京・荒川区でけさ(31日)、ズボンのファスナー部分から男性器を露出させた男が歩いているのを、登校途中の小中学生が目撃した。

 

 公然わいせつ事件が発生したのは、31日午前8時10分ごろ、荒川区東尾久2丁目付近で、不審な男がズボンの前から男性器を出したまま、終始無言で歩いているのを複数の学生が目撃した。

 

 犯人は年齢30歳前後、身長180センチくらい、髪は短くボサボサ頭で、灰色のパーカーに、横に赤いラインが入った灰色のズボンを履いていた。

 

 現場は日暮里・舎人ライナー「赤土小学校前駅」と都電荒川線の沿線に近く、区立の小中学校や保育園の児童や生徒が通ることが多いことから、警察がパトロールを強化するとともに、公然わいせつの容疑で犯人の行方を追っている。

 

【問合せ先】尾久警察署 03-3810-0110(内線2612)

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事