防犯

5000人を殺せる猛毒「シアン化ナトリウム」1kg紛失 北九州市

 先月30日から31日にかけて、北九州市にある化学品専門商社「コタベ」の営業所から、猛毒の「シアン化ナトリウム」1キロが無くなっているのがわかり、同社が保健所と警察署に届出を出した。

 

 北九州市によると、先月31日午前10時ごろ、同市小倉北区赤坂海岸にある「コタベ小椋営業所」で管理している「シアン化ナトリウム」500グラム入りのボトルが、在庫より2本少ないことが判明。営業所内を捜索したが、見つからなかったため、その日のうちに保健所と警察署に届け出た。

 

 「毒物及び劇物取締法」で毒物に分類されている「シアン化ナトリウム」は「青酸ソーダ」とも呼ばれており、飲み込んだり、皮膚に接触すると死亡する危険があり、1キロは約5000人の致死量に相当する。

 

 北九州市は1日、同営業所に立ち入り調査を行なって管理方法などを確認するとともに、盗難の可能性があると見て、小倉北警察署が捜査に着手した。

 

 コタベは山口県と九州各地に11の拠点がある化学品専門商社。

 あなたにオススメの記事