トピック

激レア!太陽を囲む「光の輪」世界各地でハロ現象が同時出現(動画)

 太陽のまわりを光の輪が囲む「ハロ現象」が、世界各地でほぼ同時に目撃されている。

 

 年明け以降、欧米に続いて日本も猛烈な寒気によって大雪被害に見舞われているが、この寒さのせいだろうか?雲のなかの氷の結晶に太陽の光が屈折して輪のように見えるハロ現象が世界各地で報告されている。

 

 スウェーデン中部の都市エステルランドからは、天文写真家ヨーラン・ストランドさんが、同国内で5番目に大きなストールション湖上空に出現した光の輪の撮影に成功。ストランドさんによると、今月6日は午前中と午後の2回にわたってハロが出現。この写真は日没前に太陽が灯台の真上に暮れかけてきたタイミングを狙って撮影したという。

 

 

 またカナダのマニトバ州東部では地吹雪が発生した今月1日、地平線に近い空の低い位置でハロ現象が見られた。このときは、太陽と同じ高さに光が見える「幻日現象」と、さらに太陽から垂直状に光の柱が伸びる「サンピラー現象」も同時出現。非常に珍しい光景だ。

 

 ハロ現象に遭遇するのは北半球に限らない。南米チリのアタカマ砂漠では、パラナル天文台の研究員ホアン・カルロス・ミュノスさんが観測中、頭上に現れたハロ現象に気づいた。4基の巨大望遠鏡から、天に向かって発射されるレーザーガイドと共演する光の輪がとてもクールだ。

 あなたにオススメの記事