リコール

中国製ポータブル電源で爆発火災 福岡と岡山であいつぐ

 福岡県や岡山県で昨年、中国製のポータブル電源を充電中に爆発し、出火する火災が相次いでいるとして、経済産業省が使用の中止と取引を自粛するよう呼びかけている。

 

 この事故は昨年10月、福岡県の倉庫で大容量のリチウムイオン式のポータブル電源を充電中、爆発して周辺を焼損する火災が発生。6月には岡山県でも類似の事故が報告されている。

 

 出火したのは、愛知県一宮市の輸入業者「高山企画」がネットショップやオークションサイトで販売した中国製のポータブル電源「PS5B」。経産省によると、製造元の「メイヤンパワー新エネルギー有限公司」では、PS5Bに付属しているACアダプターを無償交換するリコールを開始しているが、このポータブル電源には「suaoki」というロゴがある商品と、ロゴがなく外観が酷似している商品があるという。

 

 また、これまでに販売されたACアダプターには、日本の輸入事業者名の表記がないとして、電気用品安全法にもとづいて、現在は国内での販売が禁止されている。

 

 経産省や消費者庁はPS5Bの所有者に対して、ただちに使用を中止するとともに、手持ちの製品が該当商品かどうか不明の場合は、メイヤンパワー新エネルギー有限公司の窓口に問い合わせるよう注意を呼びかけている。

 

【この件に関する問い合わせ先】

メイヤンパワー新エネルギー有限公司アフターサービス部

ホームページ:http://www.meiyangpower.com/2018/statement/

電話番号:050-5326-5192

 あなたにオススメの記事