宇宙

中国版宇宙ステーション「天宮1号」落下はチリ沖か?米追跡チーム

 米国の人口衛星監視チーム「エアロスペース社(AEROSPACE CORPORATION)」は2日、中国版宇宙ステーション「天宮1号」が最後に確認されたのは、南米チリ沖の南太平洋上だとする観測結果を発表した。現在、各国の研究機関が墜落ポイントの確認を急いでいる。

 あなたにオススメの記事