政治

靖国参拝「他国に説明の必要ない」官房長官

 閣僚の靖国神社参拝について、中国や韓国などから「侵略の歴史を否定するもの」などとの批判があることについて、菅義偉官房長官は7日午前の記者会見で、安倍政権として「閣僚が私人として参拝することは関知しない」との姿勢であることを踏まえ、「このことをあえて他の国に発信する必要もない」との認識を明らかにした。

 

 同会見で菅官房長官は、閣僚の靖国参拝について、「閣僚が私人の立場で参拝するかしないかについては、政府としては、それは本人の問題だろうという形で、それは行くべきだとか行かないべきだということも、(安倍政権は)言わないということ」、と安倍政権の靖国参拝に対する姿勢を説明した上で、「このことをあえて他の国に私たちは発信する必要もないだろうと思っている」と述べ、近隣諸国に改めて靖国参拝に関する安倍内閣の姿勢を説明する必要はないとの認識を示した。

 

 閣僚の靖国参拝については、6日に広島市内で開かれた記者会見で安倍晋三首相が「私人としての参拝は心の問題であり、自由。私が閣僚に対して行けとか行かないとか、何か求めることはない」と述べている。

 あなたにオススメの記事