リコール

中国製除湿乾燥機で火災あいつぐ 4万3000台リコールへ タイガー魔法瓶

 タイガー魔法瓶が中国から輸入した除湿乾燥機から出火する火災が相次いでいるとして、同社は18日、約4万3000台を無償回収し、製品代として一台1万円を返金すると発表した。

 

 リコールの対象となるのは、2005年3月〜2007年8月にかけて製造販売された除湿乾燥機2種「AHE-A600」と「AHE-B600」の計4万3026台。

 

 消費者庁によると、昨年5月、福井県で火災事故画発生し、ひとりが軽いやけどを負うなど、2013年3月から今年2月にかけて全国で3件の火災が発生している。いずれも電源基板または電源コード付近から出火したものと考えられているが、激しく焼損していて原因が特定できていない。

 

 タイガー魔法瓶の調査では、ヒーター接続部分に不具合があり、長期間使用するうちに、接続部分が発熱し、出火する可能性があることがわかった。このため全製品の自主回収を実施し、引き取りについては一台1万円支払うと発表した。

 

【この件に関する問い合わせ先・申込先】

タイガー魔法瓶 除湿乾燥機 専用お問い合わせ窓口

フリーダイヤル:0120-780-406

受付時間:今月25日までは毎日午前9時〜午後6時まで。26日以降は平日〜午後5時まで。

 あなたにオススメの記事