地震

千葉県沖 21日から22日にかけてM4〜5相次ぐ 津波の心配なし

  気象庁によると22日午後4時56分ごろ、千葉県南東沖を震源とするマグニチュード(M)4.2の地震が発生した。千葉県沖では昨夜にもM5.1の地震が発生している。

 

 きょう午後4時56分、千葉県の南東沖でM4.2の地震があった。震源の深さは約50キロで、津波の心配はない。この地震の影響で、千葉県の館山市や勝浦市、鴨川市、大多喜町のほか、静岡県東伊豆町で震度1の揺れを観測した。

 

 一方、きょうの地震より震源が北の東方沖では21日午後6時47分にもM5.1の地震があった。このときの震源の深さは約30キロで、茨城県神栖市、千葉県銚子市、旭市、香取市で震度3のほか、茨城県や千葉県、栃木県、埼玉県の広い範囲で震度2、東京23区、神奈川県、群馬県で震度1の揺れを観測した。

 あなたにオススメの記事