生活情報

「YouTube動画のコピペで月収50万円」紹介料をだまし取る悪徳業者に注意!消費者庁

 「15分のコピペ作業で最低月収50万円が簡単に稼げる」などのウソをついて勧誘した消費者から、紹介料をだまし取る業者に関する相談が急増しているとして、消費者庁が注意を呼びかけている。

 

 消費者庁によると、2017年7月以降、東京・渋谷区の「株式会社イメージ」を名乗る業者が、自社サイトに「簡単に稼げる!完全コピペビジネス」「78歳の高齢者もYouTubeで簡単に稼いでいる」などの文句で、パソコンやスマートフォンを利用して、画像から一部分を写し、別の場所に貼り付ける「コピー&ペースト」作業だけで高額の現金収入が得られると宣伝。

 

 その気になった被害者が、ビジネス紹介料として5000円から1万7000円を支払うと、動画投稿サイトYouTubeのチャンネル開設方法や動画編集に関するマニュアルが届き、キャッシュバックを受け取るために必要だとして電話をかけさせる。

 

 電話をかけてきた消費者には「再生回数が上がっている動画をつなぎ合わせて、YouTubeに投稿するだけで確実に稼げる」などと説明したうえで、さらに高い収益額を見込める有料コースに入るようしつこく勧誘し、10万〜130万円のコース料金を支払っても、動画投稿はできるようになっても、簡単に収益は稼げるわけではないという。

 

 消費者庁は被害者が多い東京都と協力して、サイトを運営している業者を調査。その結果、「株式会社イメージ」の代表者が「吉田夏記(サイトの表記は夏樹)」と名乗る人物だと特定できたが、会社の所在地は、実態のない「バーチャルオフィス」で、郵送物が他のビルに転送されていることがわかった。

 

 代表者を聴取したところ、虚偽の表示をしていた事実が判明し、昨年末にはウェブサイトも閉鎖されたが、現在までに会社の解散登記などの手続きは取られていない。

 

 消費者庁によると、インターネット上には「誰でも簡単に稼げる」という宣伝文句で、初期費用を支払わせる悪徳業者が多数存在するとして、高額な契約金を求める業者には注意するよう呼びかけている。

 あなたにオススメの記事