生物

「通せんぼ!」ツルVSワニの戦い ゴルフ場で展開 米フロリダ州(動画)

 米南東部フロリダ州のゴルフ場で最近、一羽のツルがワニの行方を邪魔するようすがとらえられた。いくら羽根があるとはいえ、ワニが鋭い牙でひと噛みすれば、ツルなんて一瞬であの世行きなのに、どうしてこんな無謀な真似をするのだろうか?

 

 この動画を撮影したのは、メキシコ湾に面するフロリダ州ポート・シャーロットで3人の娘を育てるパパのエリック・ドレクスラー(Eric Drexler)さん。

 

 先月末、暖かな陽気に誘われてゴルフ場に訪れたエリックさん、砂丘近くのコースを回っている際、一羽のカナダヅルが翼を広げて、アリゲーターの行方をさまたげる場面に遭遇。撮影した動画をSNSに投稿すると、たちまち10万人近くがこの動画をシェアした。

 

 

 メキシコ湾沿岸に生息するミシシッピーカナダヅルは、水生植物が生い茂る沼地や湿原に巣を作り、同じつがいで一生を過ごす。ワニはふだんなら、もっと底が深い沼地に暮らしているが、このときは大雨が降った後のせいか、ツルの営巣地まで水浸しになり、ワニが遠征したもようだ。

 

 ツルは生まれたばかりの幼鳥とメスのいる巣の方に来させまいと、翼を広げて懸命に行く手をはばもうとするが、ワニには何の効果もなく、目的地に向かってズンズンと力強く進んでいる。

 

 果たして両者の攻防の行方はいかに?

 あなたにオススメの記事