防犯

「どの子にしようかな」集団下校の小学生を物色する男 足立区に出没

 今月11日、東京・足立区で小学校から下校途中の女の子の集団に向かって、トラックに乗った不審な男が「どの子にしようか」などと品定めするような発言をしていたことがわかり、警察がパトロールを強化している。

 

 不審な男が目撃されたのは、今月11日午後5時10分ごろ、埼玉県・八潮市との県境に近い足立区神明(しんめい)1丁目を集団で下校中の女子小学生らに向かって、黒いトラックを運転していた男が、車を駐めて「どの子にしようかな…」などと大声で独り言を言いながら、ジロジロとにらみつけていたという。

 

 男の言動に恐怖を覚えた女子児童らは、帰宅後に保護者を通じて警察に110番通報した。男は黒のトラックに乗っていて、サングラスをかけ、黒い作業着を着ていたが、車のナンバーなどはよく覚えていないという。

 

 現場は、三方を綾瀬川、花畑川、垳(がけ)川にはさまれた住宅街で、町内に小学校以上の教育機関がないため、学童は周囲を取り囲む川を超えて近隣の小中学校に通っていることから、集団登下校をする子供が多い。警察が不審者へのパトロールを強化している。



【問い合わせ先】綾瀬警察署 03-3620-0110

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事