防犯

わざとぶつかる「ぶつかり屋」小学生相手にイチャモン 墨田区で続発

 東京・墨田区で今月11日、登校途中の小学生に不審な男がぶつかり、言いがかりをつける被害が相次いで発生したとして、警察が注意を呼びかけている。

 

 11日午前7時40分ごろ、墨田区本所2丁目の通学路で、小学生の女の子に、前から向かってきた男がわざとぶつかり、「おまえ、痛えよ」と言いがかりをつけた。

 

 小学生が驚いていると、男は「こっち、ついて来い」などと声を荒げて脅してきたことから、恐ろしくなって走って逃げ出し、小学校で教員に報告したという。

 

 この10分後には現場から数十メートル離れた墨田区石原3丁目でも、登校途中の女子小学生にわざとぶつかってきた男が、「おまえがぶつかってきた」と逆ギレして言いがかりをつける事案があった。

 

 被害にあった小学生によると、男はいずれも20代から30代後半、身長は160〜170センチと幅があるため、同一人物によるものかどうかは不明だが、1件目の男は上下とも黒っぽい色の服で、痩せ型、髪の毛は真ん中で分けていた。また2件目は顔にシミがあり、タバコを吸っており、ボサボサ髪だったという。 

 

 現場は、両国駅から北に600メートルほど離れた住宅街で、区立小学校の通学路になっている。最近、都市部では人とすれ違う際や歩きスマホをしている女性、ベビーカーを押しているお母さんに向かって、わざと体をぶつけてくる、いわゆる「ぶつかり屋」の被害が相次いでいる。被害に遭うのはもっぱら気が弱そうに見える女性が多いというが、体格が劣る小学生相手にいきり立って、転ばせたり、ケガさせたりすれば、傷害罪に結びつきかねない危険な行為だ。

  

【問い合わせ先】本所警察署 03-5637-0110

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事