経済

6月末 国の借金 ついに1000兆円突破 財務省

 財務省が9日発表した6月末現在の「国債および借入金ならびに政府保証債務現在高」は、3月末から17兆270億円増加して1008兆6281億円となった。いわゆる「国の借金」が1000兆円を突破したのは史上初。

 

 「国の借金」の内訳は、普通国債が716兆3542億円、特殊法人への貸し付け原資となる財政投融資特別会計国債が107兆5183億円など、国債合計が830兆4527億円、借入金が54兆8071億円、政府短期証券が123兆3683億円となっている。

 

 この「国の借金」を日本の推計人口 1億2735万人で割ると、国民1人あたりの借金は約792万円となる。

 あなたにオススメの記事