防犯

また出た!八王子のブラジャー男 接近しながら服を脱ぎ捨て チカン行為

 東京・八王子市できょう(18日)未明、不審な男が服を脱ぎながら、ブラジャーとパンツ姿になり、通行人の女性の体に触れる事件があった。付近では今月6日にも、下着姿の男が帰宅途中の女性に接触する事件があったばかりだ。

 

 事件があったのは、18日午前0時50分ごろ、八王子市打越(うちこし)町の路上で帰宅途中の女性の前に、不審な男がTシャツや短パンを脱ぎながら接近。逃げる間もなく、水色のブラジャーとパンツ姿になり、驚いている女性の体を触ってそのまま逃走した。

 

 犯人の年齢は40代、黒いニット帽をかぶり、女性用の水色のブラジャーとパンツを身に着け、脱ぐ前は黒いTシャツと短パンを履いていた。

 

 現場は京王高尾線「北野駅」から数百メートル離れた住宅街で、今月6日深夜にも黒地に緑色のレースのブラとパンツ姿のチカンの被害があったばかり。また昨年7月、今年1月にも身長や体型などがよく似た男が真夜中に徘徊する公然わいせつ事件が相次いでいる。

 

 これまで目撃者に危害を加えることはなかったが、仮に今回と同一人物による犯行の場合、手口が次第に大胆になっていると懸念される。帰宅が深夜に及ぶ場合、家の人に迎えに来てもらうなど、防犯対策が必要だ、。



【問い合わせ先】南大沢警察署 042-653-0110

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事