地震

ニュージーランド北方沖でM6.3「震源はプレートの境界か」

 日本時間18日午前10時45分ごろ、ニュージーランド北島沖のケルマディック諸島周辺を震源とするマグニチュード(M)6.3の地震が発生したと同国の防災機関(GeoNet)が発表した。

 

 GeoNetによると、震源の深さは約10キロで、発生直後から同じ震源海域で断続的に余震が続いているが、太平洋津波警報センター(PTWC)はこの地震による津波の心配はないとしている。

 

 ニュージーランド周辺は、オーストラリアプレートと太平洋プレートがぶつかる境界にあたり、1900年以降、M7.5クラスの巨大地震が15回記録されている。

 あなたにオススメの記事