トピック

カラフル!明治150年記念コイン「モチーフは鉄道」8月申込開始

 明治元年(1868年)から150年目にあたる今年は、各地でさまざまな記念行事が催される予定だが、財務省は25日、東京・新橋の鉄道駅をモチーフにしたカラーの記念コインを発行すると発表した。

 

 25日に明らかになった「明治150年記念コイン」は、浮世絵師の歌川広重が制作した錦絵「東京汐留鉄道舘蒸汽車待合丿図」をもとに図案化した明治初期の鉄道駅がモチーフ。

 

 直径4センチ、重さ31.1グラムの純銀製で、表面は赤や紫など11種類の彩色がほどこされたカラフルなデザインで、裏面は明治初期の20円金貨の紋様だった龍が彫刻されている。

 

 発行枚数は5万枚。今年8月3日から造幣局で申し込み受付を行い、商品発送は10月上旬を予定している。販売価格は9000円。

 あなたにオススメの記事