気象

台風5号 本州南岸を北上 今夜 房総沖に到達 その後は温帯低気圧へ…

 大型の台風5号は11日午前9時現在、本州の南の海上を時速45キロで北東へ進んでいて、昼過ぎから夕方にかけて伊豆諸島に最接近し、あす朝には温帯低気圧に変わると予想されている。

 

 気象庁によると、11日午前9時現在の中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルで、中心の南東側750キロ以内と北西側300キロ以内では、風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 

 台風は今後勢力をやや弱めながら、昼過ぎから夕方にかけて伊豆諸島の八丈島の東に最接近する見込みで、伊豆諸島付近に停滞している梅雨前線の活動が活発化し、断続的に激しい雨が降っている。このため、伊豆諸島では24時間雨量が200ミリを超えたところもあるほか、東日本の太平洋側では夕方にかけて、雷を伴って激しい雨が降るところがある見込みだ。

 

 台風の中心は、今夜9時ごろには千葉県銚子市の東南東310キロ付近に到達したのち、温帯低気圧に変わり、あす朝には三陸沖に進むと予想されている。

 

 今後は、北日本でも太平洋側を中心に夕方からあすにかけて激しい雨が降るおそれがあることから、気象庁が土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒するよう呼びかけている。

 

■台風の最新情報は、ハザードラボ「台風マップ」でもご確認いただけます。こちらも合わせてご活用ください。

 あなたにオススメの記事