防犯

「偽造カードで50万円が引き出された」特殊詐欺犯の写真公開 八王子(動画)

 東京・八王子市内で今年5月、金融庁の職員をよそおった男が79歳の女性宅に電話して「外国人犯罪グループが偽造カードで口座から50万円を引き出した」などとウソをついて、キャッシュカード3枚を騙し取った事件について、警視庁は11日、防犯カメラに映った犯人の画像を公開した。

 

 この事件は5月23日午後3時ごろ、八王子市内に住む高齢者宅に金融庁の職員を名乗る男が電話をかけてきて、「外国人犯罪グループが偽造カードを使って、あなたの口座から50万円の被害が出ている」「今の暗証番号は使えなくなるので、新しい番号でカードをつくる必要がある」などと騙して、キャッシュカードが不正使用されたものと思い込ませ、女性からカード3枚を受け取ったというもの。

 

 

 警視庁八王子署が公開した防犯カメラ画像では、犯人の年齢は20代くらい、身長170センチ前後、中肉体型で黒いスーツを着ており、髪型は前髪を6:4くらいの割合で分けていて、目は細く一重まぶた、エラが張っている顔立ち。

 

 警察は特殊詐欺事件の容疑で犯人の行方を追うとともに、よく似た人物の情報を求めている。

 

【問い合わせ先】八王子警察署 電話042-621-0110(代表)

 あなたにオススメの記事