気象

熱帯低気圧「24時間以内に台風に」沖縄に接近 16日にかけて大荒れ

 気象庁によると、15日午前6時現在、熱帯低気圧は沖縄県与那国島から350キロほど西の海域をゆっくりした速さで北東へ進んでいて、今後24時間以内に台風に発達する見込みだ。

 

 現在の熱帯低気圧の中心気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は15メートルで最大瞬間風速は23メートルだ。気象庁は低気圧内の最大風速が17メートルを超えた場合、台風と呼んでいることから、今後24時間以内に発達して、あす朝には那覇市まで80キロの海域に到達すると予想される。

 

 現在、沖縄地方では梅雨前線が停滞し、南から暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が非常に不安定になっている。このため、沖縄本島では15日夕方から16日にかけて強風が吹き、沿岸海域では大しけになるおそれがある。

 

 さらに、あす昼にかけて多いところで1時間に60ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあることから、気象庁が土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼びかけている。

 あなたにオススメの記事