健康問題

25日は光化学スモッグに注意!関東甲信・東海・近畿地方

 25日は、晴れて日差しが強く、風もほとんど吹かないため、関東甲信から東海、近畿地方にかけては光化学スモッグが発生しやすいとして、気象庁が屋外での活動に注意を呼びかけている。

 

 光化学スモッグは、自動車の排気ガスや工場などから排出される窒素酸化物や炭化水素が紫外線と化学反応を起こす大気汚染現象で、夏の熱い日の昼間に多く、日差しが強く風の弱い日に発生しやすい。

 

 光化学スモッグが発生すると、視界が悪くなるほか、眼やのど、皮膚などにヒリヒリと刺激を感じるおそれがあるため、自治体が注意報や警報を発令した場合は、気管支喘息の患者や抵抗力が弱い乳幼児、高齢者は屋内での活動をやめて外出を控えてほしい。

 あなたにオススメの記事