事故

アメーバで24万件超の不正ログイン 会員情報を閲覧

 ブログ・コミュニティサービス「Ameba(アメーバ)」を運営するサイバーエージェントは12日、アメーバで4月6日から8月8日までの約4ヶ月に24万3266件の不正ログインが発生し、会員情報などが勝手に閲覧された可能性があると発表した。

 

 同社によれば、この不正ログインは他社から流出したID・パスワードを使って、第3者がユーザーのアカウントに勝手にログインするものと推測され、現在のところユーザーからの被害報告は確認されていないが、登録された生年月日・メールアドレス・性別・居住地域や仮想通貨の履歴情報などが閲覧された可能性があるとしている。

 

 このため同社は、アメーバを利用している全ユーザーに対し、ID・パスワードの変更を呼びかけている。

 あなたにオススメの記事