防犯

新宿区内で小学生3人を狙った暴行事件!自転車に乗ったままキック 犯人は外国人か?

 東京・新宿区で2日午後、小学校から下校途中の男子児童らが、自転車に乗った男から膝を蹴られたり、タイヤでわざと脚を踏まれるなどの暴力行為を受けたとして、警察が暴行事件として犯人の行方を追っている。

 

 事件があったのは2日午後2時40分ごろ、新宿区市谷薬王寺(いちがややくおうじ)町の路上で、下校途中の小学生3人が、後ろから近づいてきた自転車に乗った男から「邪魔だ!どけ!」などと大声で怒鳴られ、追い越される際に、ひとりは膝の上を強く蹴られ、もうひとりは自転車のペダルをわざとすねに当てられ、3人目はタイヤで足の甲を踏まれるなどの被害にあった。

 

 犯人の男は、60代くらいで外国人風でグレーのママチャリ自転車に乗っていた。身なりは、灰色のキャップ帽に、黒いサングラスをかけており、衣服は半袖の白いシャツを着て黒いズボンを履いて、黒い革靴を履いていた。同年代の外国人らしき女性が同行していたが、暴力行為を止めようとはしなかったという。

 

 

 現場は都営大江戸線「牛込柳町駅」近くの寺社が立ち並ぶ下町の住宅街で、区立小学校や東京女子医科大学、東京韓国学校などの児童生徒も利用することから、警察がパトロールを強化するとともに、暴行の容疑で犯人の行方を追っている。

 


【問合せ先】牛込警察署 03-3269-0110

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事