生活情報

土栽培VS植物工場「どっちのレタスが美味?」筑波大が比較

 

 最近、スーパーマーケットの野菜売り場で見かけるようになった植物工場で作られたレタス。天候に左右されず、光源や温度を一定管理した人工的な環境で育てられた野菜は、生産量を安定させられるメリットがあるが、消費者にとっては「土の畑で育てた露地モノのほうが美味しいのでは?」と思いがち。筑波大学や理化学研究所のグループが、両者の違いを白黒ハッキリさせた!

 

 一般的に、屋内栽培型の植物工場でつくる野菜は、土に栽培せず、液体肥料を使って閉鎖的な環境で育てられるが、一方で生産コストがかかるため、味や機能性などの面で、商品に付加価値をつけることが求められている。

 

 筑波大の草野都教授と、理研などの研究グループは、赤・緑・青の3色のLED光源を使った工場で33日間かけて栽培した2品種のサニーレタス(ブラックローズとレッドファイヤー)を、土壌栽培のものと比較。見た目の違いだけでなく、味や機能性などに関係する代謝物の量を2種類の高性能分析装置で解析。

 

 その結果、植物工場で栽培されたサニーレタスは、土壌栽培されたものよりも、旨味成分のアミノ酸類を多く含み、レタス特集の苦味成分「セキステルペンラクトン類」が少ないことが判明した。

 

 一方、見た目については工場栽培のほうが、サニーレタスに特有の褐色が見られず、葉の形状も比較的均一であることがわかったという。

 

 研究グループは今後、「消費者に好まれるような味をカスタマイズできる栽培条件を模索することで、付加価値の高い農産物を安定して生産できるシステムの開発を目指す」と話している。

 あなたにオススメの記事