原子力

文科省JAEA改革方針が残念? 原子力規制委員長

 高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)での大量点検漏れなど問題が相次ぎ、文部科学省が機構改革を進めている日本原子力研究開発機構(JAEA)について、原子力規制委員会の田中俊一委員長は14日午後の記者会見で、文科省の改革案について、自分たちがJAEAに期待している役割とは異なるとの認識を示した。

 

 文科省のJAEA改革案では、これまでの研究開発機関としての「総花的な業務内容」を見直し、「もんじゅ」の運営に専念させる方向を打ち出している。

 

 これに対して、田中委員長は、JAEAの社会的ポジションについて、「日本における原子力関連の研究開発をできる唯一の機関」と述べ、原子力規制委員会が望んでいるJAEAの役割は、営利目的の原発の稼働ではなく、高速増殖炉が実用化された際の技術・知識・人材などを供給し、安全面などでの助言ができるような、原子力のさまざまな面での研究・人材育成を行なうための研究機関だとの認識を示した。

 

 田中委員長は、文科省の改革方針に基づきJAEAが「もんじゅ」の運転をするための機関になるならば、原子力規制委員会としてもJAEAに対する考え方を変えなければいけないとも述べているが、同委員長は元々JAEAの出身でもあり、「唯一の研究機関」が様変わりしていこうとしていることに残念な様子。

 

 同委員長は「今後(JAEAが)わが国の原子力を支える研究機関としての自覚と誇りを持ってもらわないと本当に困るんです」とも述べている。

 あなたにオススメの記事