気象

台風8号「猛烈な勢力」に…あす宮古島に接近 その後は中国上陸か

 9日午前9時現在、猛烈な台風8号は日本の南の海上を時速約30キロで西北西に向かって進んでいる。あすには沖縄県の宮古島にかなり接近する見通しで、気象庁が暴風や高波への厳重な警戒を呼びかけている。

 

 台風8号の中心気圧は915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速55メートル、最大瞬間風速75メートルで、中心から半径150キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いている。

 

 9日午前9時現在、台風は日本の南の海上を時速30キロで西北西に進んでいて、今夜には非常に強い台風となって南大東島に接近し、あす朝には宮古島の東南東約210キロに到達する見込み。

 

 台風の接近に伴って沖縄地方では風が次第に強まり、あす10日になると先島諸島は暴風が吹いて、海は猛烈な大しけとなる見通し。10日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、沖縄地方45メートル(60メートル)、波の高さは沖縄地方12メートル、奄美地方7メートル。

 

 また、あす先島諸島では雷を伴った猛烈な雨が降り、大雨が降る見込みで、あさって(11日)朝までの24時間に予想される雨量は、沖縄地方で200〜300ミリに達する見込み。

 

 今後の進路は11日に台湾海峡に抜けたあと、熱帯低気圧になって中国南部に上陸する見通しだ。気象庁は暴風や高波に厳重に警戒するとともに、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、激しい突風などに警戒するよう呼びかけている。

 

■台風の最新情報は、ハザードラボ「台風マップ」で随時更新しています。

 あなたにオススメの記事