地震

7日夜の千葉東方沖M6「スロースリップとは無関係の可能性」

 千葉県東方沖で今月7日夜に発生したマグニチュード(M)6の地震は、震源の深さからプレートの境界がずれ動く「スロースリップ」とは直接関係がない可能性が高く、今後1週間程度は最大震度5弱の地震に注意が必要だという。

 

 7日午後8時23分ごろに千葉県東方沖で発生したこの地震では、房総半島中部の千葉県長南(ちょうなん)町で震度5弱を観測したほか、関東地方を中心に東北から中部地方にかけて震度4〜1の揺れが観測されたほか、千葉県北西部や茨城県南部で長周期地震動階級1を観測した。

 

 気象庁によると、この地震の震源は66キロと深く、断層面に対してふたつのブロックが東西の方向にずれ動く「横ずれ断層型」の発震メカニズムだった。

 

 房総半島沖では6月上旬からフィリピン海プレートと陸側のプレートの境界がゆっくりすべる「スロースリップ現象」による地震が相次いで発生している。しかしこれまでの研究でスロースリップ型地震の震源は、深さ20〜30キロ程度とされており、発震メカニズムなどから、今回の地震はスロースリップとは直接の関係はない可能性が高いという。

 

 気象庁は「過去の事例では大地震発生から1週間程度の間に同程度の地震が発生する可能性が1〜2割あることから、揺れが強かった地域では今後1週間程度、最大震度5弱の地震に注意してほしい」と呼びかけている。

 あなたにオススメの記事