気象

非常に強い台風8号 宮古島に接近中 沖縄は暴風域に 大荒れの天気

 10日午前10時現在、非常に強い台風8号は沖縄県の宮古島に向かって、時速30キロで接近しており、気象庁は石垣地方に暴風警報や波浪警報を発表している。

 

 気象庁によると、台風8号の中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速70メートル、中心から半径190キロ以内では、風速25メートル以上の暴風が吹いている。

 

 午前10時現在、台風は宮古島の東南東約180キロの海域を西北西に向かって時速30キロで進んでおり、今後は勢力を維持しながら10日夕方から夜にかけて、宮古島まで約50キロの海域に接近すると予想される。

 

 台風が比較的早い速度で接近するため、宮古島では急激に風が強まり、八重山では早いところで昼過ぎから猛烈な暴風が吹く見込みで、海は大しけとなるおそれ。沖縄本島でも10日夕方にかけて東の風が非常に強く吹き、場合によっては暴風となるおそれがある。

 

 10日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、宮古島で50メートル(70メートル)、八重山45メートル(65メートル)、沖縄本島23メートル(35メートル)、大東島17メートル(30メートル)。

 

 予想される波の高さは、宮古島と八重山12メートル、沖縄本島9メートル、大東島6メートル。

 

 また台風本体の雨雲の影響で、宮古島や八重山では、10日夕方から1時間に80〜100ミリの警報級の大雨が降るおそれがある。あす朝までの24時間に予想される雨量は、多いところで、宮古島350ミリ、八重山250ミリ。

 

 気象庁は、暴風や高波に厳重に警戒するとともに、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒するよう呼びかけている。

 

■台風の最新情報は、ハザードラボ「台風マップ」でも随時更新しています。

 あなたにオススメの記事