事故

SMBCログイン後 ニセ画面で暗証番号を盗むウイルス被害

 三井住友銀行は15日、同行のインターネットバンキング「SMBCダイレクト」へログイン後に暗証番号を盗み取ろうとするニセ画面が表示され、不正送金の被害が発生したと発表した。

 

 同行によると、利用者が「SMBCダイレクト」へログインした後に、「あなたのコンピュータをシステムが認識できませんでした」などのメッセージとともに、暗証カード上の一部の数字の入力を求めるニセ画面が数回にわたり表示され、不正送金の発生も確認されたとのこと。

 

 同行では、ログイン後に「あなたのコンピュータをシステムが認識できませんでした」などのメッセージが表示されたり、暗証カードの数字を複数回にわたり求めたりすることはない、としてホームページなどで利用者に注意を呼びかけている。

 

 また銀行側のサーバに異常がないことから、ウイルスに感染したパソコンによりニセ画面が表示される手口と見て、ウイルス対策ソフトを最新にすることなどを利用者に促している。

 あなたにオススメの記事