防災知識

地震の「前触れ現象」を収集 南海トラフ対策で高知県

   南海トラフ巨大地震で大きな被害の想定されている高知県が、井戸の水が急に減ったり、犬が異常に吠えるなど、大地震の前触れとされる現象の情報を集めて防災に生かすユニークな取り組みを進めている。


   こうした現象は「宏観(こうかん)異常現象」と呼ばれ、地震との因果関係は科学的に解明されていないが、県南海地震対策課は「無関係とは言い切れない」として、情報の収集を決めたという。


   募集するのは、県内で3ヶ月以内に起こった前兆現象で、月の光や空の色といった気象の異変や地鳴り、動物の異常行動、井戸や川の水位の変化など。本人が見たり感じたりした現象に限定し、他人から聞いた間接情報は除く。


   情報は電子メール、FAX、手紙で寄せてもらい、情報ごとに集計して県のホームページで毎月公表する。


   現在のところ、情報は0件で、すぐさま地震予知に結びつくわけではないが、日頃から身の回りの変化に気をつけることで、防災意識の向上には役立つそうだ。

 あなたにオススメの記事