火山

桜島で今年500回目の噴火 噴煙は観測史上最高の5000mへ

 気象庁によると、18日午後4時31分、鹿児島の桜島・昭和火口で今年500回目の爆発的噴火が起き、同火口から噴き上げた噴煙は観測史上最高の5000mへ達した。

 

 桜島の昭和火口で噴火が起きたのは午後4時31分で、今年500回目とのこと。火口から噴き出された多量の噴煙は、鹿児島地方気象台で観測史上最高の5000mに達し、大きな噴石が3合目まで弾道を描いて飛散する姿も確認したという。

 

 気象庁では、今後も噴火が継続する場合、定期的に報告していくとのこと。

 あなたにオススメの記事