気象

東北で激しい雨 夜からは北陸でも豪雨注意

 気象庁によると、東北北部から北海道南部にかけての地域では19日昼までに、24時間降水量が、北海道日高地方中臼杵で99.5ミリ、青森県鯵ヶ沢で77.5ミリ、秋田県八森で54.5ミリなどの激しい雨になっており、今夜から明日20日にかけては、この雨の地域が次第に北陸地方に移っていくとして、注意を呼びかけている。

 

 気象庁によれば、北海道付近にある前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいることから、北日本では大気の状態が非常に不安定になっているが、この前線は明日にかけて北日本をゆっくり南下するため、20日には東日本でも大気の状態が非常に不安定になる見込み。

 

 20日午前6時までの24時間に予想される降水量は、いずれも多いところで、東北地方(日本海側)で150ミリ、北陸地方で80ミリの見込みとなっている。

 あなたにオススメの記事