気象

北日本・北陸で非常に激しい雨 関東でも落雷注意

 気象庁は20日、今夜にかけて北日本と北陸地方で局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあり、低地の浸水や土砂災害、河川の増水、はん濫に注意するとともに、北日本と北陸地方、関東地方では落雷や竜巻などにも注意するよう呼びかけている。

 

 20日の日本列島は、日本海から東北北部にかけて前線があり、この前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいることから、北日本と北陸地方では大気の状態が非常に不安定になっている。

 

 この前線は今夜にかけて北日本をゆっくり南下するため、関東地方でも大気の状態が非常に不安定となる見込み。

 

 現在、北日本と北陸地方ではところどころで雷をともなった激しい雨が降っているが、東北地方と北陸地方では引き続き今夜にかけて激しい雨が降り、局地的には1時間に60ミリの非常に激しい雨となる恐れがある。

 

 21日午前6時までの24時間に予想される降水量は、いずれも多いところで、東北地方(日本海側)で180ミリ、北陸地方で120ミリの見込み。

 

 また今夜にかけて、北日本と北陸地方、関東地方では、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要。

 あなたにオススメの記事