原子力

第二回評価会合でも活断層の可能性。東通原発

 原子力規制委員会の専門チームは26日、青森県東通原発の敷地内の地層のずれが活断層の可能性がある問題について第2回評価会合を開き、東北電力の担当者にヒアリングを行った。


 会合で東北電力の担当者らは、敷地内の地層のずれは活断層ではなく、地層が地下水を吸収して膨らむ膨潤が原因だと説明。また表層部にはずれがあるが、深い地層はずれていない場所が多いことを説明。有識者は活断層を否定する明確な証拠を出すべきだと反論して資料などの提出を求めたが、東北電力は追加調査をするとの返答にとどまった。


 ヒアリングの結果、専門チームは“東通原発の敷地内の地層のずれは活断層の可能性がある”という判断を継続とした。これらの内容はまとめられて、年明けに原子力規制委員会に正式に提出される。

 あなたにオススメの記事