政治

山本最高裁判事発言「極めて違和感感じる」官房長官

 最高裁判事に就任した山本庸幸(つねゆき)前内閣法制局長官が、記者会見で「集団的自衛権の行使を憲法解釈で容認するのは難しい。憲法改正が適切だろう」などと発言したことについて、菅義偉官房長官は21日午後の記者会見で、「私は極めて違和感を感じます」と述べ、同発言に不快感を示した。

 

 同会見で菅官房長官は、「憲法解釈というのは、具体的に提起された事件に対しては、最高裁の判例を通じて最終的に確定するもの」と述べ、判決を通して見解を表明できる最高裁判事が、判決以外の立法・行政の判断に介入すべきではないとの伝統的な考え方に言及。

 

 その上で「最高裁の判事というのは、合憲性の最終判断を行なう人ですから、その人が公の場で憲法改正の必要性まで言及するということは、私は極めて違和感を感じる」と 述べた。

 

 安倍政権では、有識者会合である安保法制懇が年内に取りまとめる予定の報告書をベースに、これから本格的に集団的自衛権について議論しようという矢先の発言だったこともあり、菅官房長官は不快感を隠せない様子。

 

 あなたにオススメの記事