テクノロジー

宇宙誕生の謎に迫る巨大加速器 候補地に北上山地を選出

 宇宙誕生から「1兆分の1秒後の世界」を再現し、宇宙創成の謎に迫る次世代大型加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の建設候補地として、岩手・宮城両県にまたがる北上山地が選出された。

 

 これは、ILCの日本誘致を目指す研究者らで作る「ILC戦略会議」(議長 山下了東大素粒子物理国際研究センター准教授)が、立地評価会議で決定し、23日発表したもの。

 

 ILCは、地下約100メートルに長さ30キロ(将来的には50キロ)の直線トンネルを作り、超高エネルギーの電子 - 陽電子を衝突させることにより、高エネルギー加速器研究機構(KEK)の「KEKB(電子・陽電子円形衝突型加速器)」や欧州原子核研究機構(CERN)の「LHC(大型ハドロン衝突型加速器 スイス・フランス国境)」では実現できなかった高エネルギー状態を相対的に安いコストで実現することが可能になる。

 

 ILC建設候補地としては、佐賀・福岡両県にまたがる脊振(せふり)山地と北上山地が検討にのぼっていたが、ILC戦略会議では、北上山地を選出した理由について、東日本大震災クラスの地震にも耐えうる耐震設計が可能であることなども含め、「50キロの直線ルートを確保する上で、許認可、施工および運用上のリスク、工期・コストなど、技術的観点からの確実性において、大きく優位であると結論された」としている。

 

 ILCが実現すれば、この宇宙が誕生してから「1兆分の1秒後の世界」を実験的に再現し、宇宙創成の謎に迫ることができると期待されているが、一方で建設費用も約8300億円と膨大で、国際的な費用分担なども決まってないことから、まだ政府は誘致の方針を決めていない。

 あなたにオススメの記事