原子力
Loading

「原発ゼロは小泉元首相の考え」官房長官

 毎日新聞26日付け朝刊のコラムで、ドイツとフィンランドを訪問した小泉純一郎元首相が、改めて「脱原発=原発ゼロ」の考え方を示したのに対し、菅義偉官房長官は26日午前の記者会見で、「原発ゼロ」は小泉元首相独自の考え方であり、安倍政権としては原発を存続する中で、クリーンエネルギーへの転換を進めるとの従来の考え方を維持するとの姿勢を示した。

 

 同会見で菅官房長官は、「私もコラム読ませてもらったが、小泉元首相の考えなんだろうと思う」と述べ、安倍政権のエネルギー政策とは考え方が違うことを表明。

 

 さらに、「国民の皆さんに安定的なエネルギーを供給していくという責任が政府にはあるから、安全最優先の中で原発問題には対応していく。それと同時に再生可能エネルギーについても全力で取り組んでいくという姿勢は変わらない」と述べ、「安全管理を徹底した上での原発存続」との従来姿勢に変わりないことを明らかにしている。