経済

「消費増税判断10月7日まで は甘利氏の見通し」官房長官

 25日のNHKの番組で甘利明経済再生担当相が、安倍晋三首相が消費税増税の最終判断をする時期について、アジア太平洋経済協力会議(APEC)が始まる10月7日までとの見通しを明らかにしたことについて、菅義偉官房長官は26日午前の記者会見で、それは甘利氏の見通しであって、安倍首相は、秋の臨時国会前には判断するとの認識を改めて強調した。

 

 同会見で菅官房長官は、消費税増税の判断時期について、「私は、秋の臨時国会前にという話をさせていただいてますから、その前には総理が判断するということ」と従来の認識を改めて表明。

 

 さらに、10月7日のAPEC前までに判断するという甘利氏の見通しについては、「そこは甘利大臣の見解だと思う」と述べている。

 あなたにオススメの記事