外交

国連事務総長の歴史認識発言「非常に疑問」官房長官

 潘基文(バン・キムン)国連事務総長が歴史認識問題をめぐり、「日本政府と政治指導者は自らを深く反省し、国際的な未来を見通すビジョンを持つことが必要」などと発言したことに対し、菅義偉官房長官は27日午前の記者会見で、「わが国の立場を認識した上で(発言が)行われているのかどうか、非常に疑問を感じている」と不快感を示し、国連代表部を通じて、発言の真意を日本政府として確認するとの考えを明らかにした。

 

 同会見で菅官房長官は、「安倍首相も、地域の平和と安定のため、首脳同士がお互いの考え方や意見交換することが必要とし、韓国や中国に対して懸案がある中でも会話を行っていくべきと言ってきている」と述べ、潘国連事務総長の真意を確かめるとともに、日本の立場を国連などで説明していきたいとしている。

 

 潘国連事務総長の発言については内容もさることながら、政治的に中立であるべき国連事務総長が、出身国の政治的立場に加担した発言を行うこと自体が、国連憲章に抵触しているとの指摘もあがっている。

 あなたにオススメの記事