軍事

陸自 今年の総合火力演習の画像をFBで公開

 陸上自衛隊が、毎年行う国内最大規模の実弾演習「富士総合火力演習」は、今年も25日に陸自東富士演習場(静岡県御殿場市など)で行われたが、陸自のフェイスブックページにも最新鋭の10式戦車など、演習当日の写真が掲載された。

 

 今回の演習では、「防衛計画の大綱」策定作業でも焦点となっている「島嶼(とうしょ)防衛」がクローズアップされており、富士山のすそ野を「海」に見立て、海上自衛隊・航空自衛隊も参加した統合運用により、海上から日本の離島に上陸してくる『敵』を撃破する演習などが公開された。

 

 同演習には、約2万8000人の観客が訪れ、小野寺五典防衛相や岩崎茂統合幕僚長ら幹部も視察を行った。

 

 陸自フェイスブックページでは、最新鋭の10戦車によるスラローム射撃や戦闘ヘリコプター「AH-46D(アパッチ)」による援護射撃など50枚の写真が掲載されている。

 あなたにオススメの記事