原子力

浜岡原発 工期延長で完了は本年末

 中部電力は、静岡県の浜岡原子力発電所の津波対策工事を進めているが、工事の見直しや追加工事などがあり、工事の完了は本年末になると発表した。


 2011年5月に菅直人首相(当時)の要請で運転を停止した浜岡原発は、同年秋に津波対策工事に着手。高さ18メートル、全長1.6キロメートルに渡る防潮堤の建設、原子炉冷却用の海水取水ポンプや、非常用電源の増設などを柱に、様々な工事が進められていた。


 しかし昨年、南海トラフ巨大地震の被害想定が見直されたことを受け、防潮堤の高さを22メートルにかさ上げすることが決まったほか、工事手順の見直しなども行われたことから、津波対策工事の完了は当初予定よりも1年遅れの本年末になる見込みとなった。

なお、工事はのべ約4000人を投入し、24時間態勢で進められている。総事業費1500億円弱。


 中部電力では、「しっかりと対策をすることが重要。こうした姿勢が再稼働への判断に繋がる」としており、津波対策を進める一方で、地元の理解を深めるための公募見学会などを今後も予定している。

 あなたにオススメの記事