気象

ヨセミテ山火事28日も延焼 米軍最新鋭空中消火機も出動

 米カリフォルニア州の有名な観光地ヨセミテ国立公園周辺の森林で17日に発生した山火事は、28日も延焼が続き、焼失面積は約7万7000ヘクタールに及んでいる。

 

 米林野局からの支援要請を受けて、米空軍はアイダホ州ボイジー空軍基地から最新鋭のモジュラー空中消火システム(MAFFS)を搭載した航空機3機をカリフォルニア州サクラメント近くのマクレラン空軍基地に配備し、合計5機体制で消火に当たっている。

 

 これまでに4000人以上の消防士が出動し消火作業を行っているが、消火活動は依然難航しており、大都市サンフランシスコに電力を供給している水力発電用ダムは火の手が接近したため、すでに発電を中止している。

 あなたにオススメの記事