環境

福島第一原発周辺で「手抜き除染」の可能性

 環境省は、福島第一原発周辺の除染作業で、汚染された土やその洗浄に使った水の一部が現場周辺の川などに捨てられている可能性があるとして調査を開始した。


 これは、朝日新聞による独自取材が発端となったもので、同省では現在関係者にヒアリングを行っている。もしも違反があった場合は契約違反だけでなく、汚染廃棄物の扱いを定めた特別措置法違反の可能性もあるという。


 なお除染にあたっては、事前にガイドラインが決められており、除染対象となる土や落ち葉、洗浄に使った汚染水はすべて回収して管理しなければならない。また屋根や壁などはブラシか直接拭き取りが必須で、高圧洗浄機を使う場合は水が飛散することから使用現場を雨どいなどに限定するよう指導されている。

 あなたにオススメの記事