生活情報

北海道・東北・四国電力 1日から電気料金値上げ

 原発の運転停止や火力発電の燃料費増大による経営悪化に対処するため、今年8月6日に経済産業大臣から電気料金値上げの認可を得ていた北海道電力、東北電力、四国電力の3社では、本日1日から電気料金の値上げを実施する。

 

 北海道電力では、家庭や商店などの規制部門で7.73%、工場やビルなどの自由化部門で11.00%の値上げを実施する。

 

 東北電力では規制部門が8.94%、自由化部門が15.24%の値上げとなり、四国電力では規制部門が7.8%の値上げで、今年の7月に既に値上げを実施していた自由化部門については17.5%から14.72%に値上げ率を引き下げた。

 あなたにオススメの記事