気象

西日本から東北地方の広範囲で2日にかけて激しい雨

 気象庁は1日午後、明日2日にかけて西日本と東日本、東北地方の広い範囲で大気の状態が不安定になり、雷を伴った非常に激しい雨が降る見込みだとして、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水やはん濫に警戒するよう注意を呼びかけている。

 

 気象庁によると、東シナ海から本州付近に停滞している前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、また上空6000メートルにある氷点下6℃以下の寒気が本州付近に流れ込んでいるため、2日にかけて西日本と東日本、東北地方の広い範囲で大気の状態は非常に不安定になるとのこと。

 

 そのため西日本と東日本、東北地方日では2日にかけて雷を伴った激しい雨や、局地的には1時間50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、2日午後6時までの24時間に予想される雨量はいずれも多いところで四国地方で200ミリ、北陸地方で150ミリ、近畿地方で120ミリ、九州北部地方(山口県を含む)や中国地方、東海地方で100ミリの見込みとなっている。

 また、気象庁では、これまで大雨が降っているところでは少しの雨でも土砂災害の危険度が高まっているとして、より一層の警戒をするよう呼びかけている。

 あなたにオススメの記事