原子力

大飯原発3号機運転停止へ 15日には再び稼働原発ゼロ

 関西電力は、定期点検のため、現在国内で稼働している唯一の大飯原発(福井県おおい町)3号機について2日夕刻から停止作業に入り、15日には4号機も運転停止する。これによって昨年7月以来、1年2ヶ月ぶりに国内で稼働する原発はゼロとなる。

 

 関西電力によると、3号機は2日午後5時ごろから出力を下げ、午後11時ごろには送電を停止、3日未明には原子炉が完全に運転を停止する予定。

 

 これに続き、同4号機も15日に運転を停止する予定で、これにより国内で稼働する原発は再びゼロとなる。

 

 大飯原発は原子力規制委員会の定めた「新規制基準」による再稼働審査の申請をしているが、敷地内にある破砕帯について、活断層か否かの結論が出ていないことから、現時点で再稼働の見通しは立っていない。

 あなたにオススメの記事