外交

安倍首相「2020年には汚染水問題なし」IOCでアピール

 安倍晋三首相が4日午前、首相官邸で記者団に対し、東京電力福島第一原発の汚染水問題について「7年後の2020年にはまったく問題ないよ」と2020年五輪の開催地を決める国際オリンピック委員会(IOC)総会でアピールすると語ったことについて、菅義偉官房長官は4日午前の記者会見で、「政府が前に出て汚染水対策を行なっていくと先日発表したばかりなので、まったく問題がないということを総理から発言されるんだろうと思う」と補足説明した。

 

 安倍首相は4日に日本を出発し、明日からロシア西部サンクトペテルブルクで開催される20カ国・地域(G20)首脳会合に出席した後、アルゼンチンのブエノスアイレスで開かれるIOC総会に出席、五輪東京招致のプレゼンターの一人として説明を行なう予定になっている。

 

 同会見で菅官房長官は、東京招致の見通しについて、すでに各IOC委員に東京招致に賭ける日本の熱い思いは十分伝わっているが、それぞれの委員の投票態度について確実に言えるものはないとして、「とにかく最後まで全力で取り組んでいく必要がある。そういうことで安倍総理みずから出席されて、最後の訴えを行なう予定であり、最後まで全力で、『オールジャパン』で臨んでいく必要がある」と述べている。

 あなたにオススメの記事