気象

東・北日本で非常に激しい雨 首都圏では落雷で交通の乱れも

 気象庁は5日、東日本から北日本にかけての広い範囲で雷をともなった激しい雨が降り、局地的には非常に激しい雨が降るとして、落雷・竜巻などに注意を呼びかけているが、首都圏ではすでに5日午前、落雷により京浜急行や京王線などで一部運休・遅れが発生している。

 

 気象庁によると、北海道付近には発達中の低気圧があって北東に進んでおり、低気圧からのびる寒冷前線が東日本に達している。

 

 低気圧は5日夜にかけてオホーツク海に進み、寒冷前線は東北地方を通過する見込みだが、低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、5日は東日本から北日本の広い範囲で大気の非常に不安定な状態が続く見込み。

 

 このため、関東地方などでは雷をともなった激しい雨が降っており、首都圏でも落雷による交通の乱れが発生している。

 

 気象庁では5日夜にかけて、東日本から北日本にかけての広い範囲で、局地的には1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨のおそれがあるとしており、6日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、関東甲信地方で150ミリ、東海地方で120ミリの見込み。

 あなたにオススメの記事