外交

習中国主席の領土問題発言 官房長官明言せず

 ロシア・サンクトペテルブルクの20カ国・地域(G20)首脳会合の会場で、安倍晋三首相と中国の習近平国家主席が約5分交わした会話について、中国の新華社が、習主席から安倍首相に対し「尖閣諸島の領土問題が存在することを日本は認めるべき」などと発言したと伝えている件で、菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、習主席の発言内容について、「外交上の問題ということで控えさせて頂きたい」と明言することを避けた。

 

 同会見で菅官房長官は日中首脳の会話について、「安倍総理からは、あいさつを述べた上で、戦略的互恵関係の原点に立ち戻って、日中関係を発展させていくべき、との考え方を説明。これに対して中国からは、先方の原則的な立場について発言があったと聞いている」と説明。

 

 記者から「『原則的な立場』とは、新華社が伝えているように、尖閣諸島などの領土問題の存在を日本が認めるべきとの内容か」との質問があったのに対し、菅官房長官は「具体的な内容のやりとりについては、外交上の問題ということで控えさせていただきたい」と述べている。

 あなたにオススメの記事